フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。

MESSAGE

top_mojiRS_Base の歴史 1998年末、内視鏡のファイリング目的にてweb表示のファイリングソフトを製作開始。以後、いろいろな先生の意見を伺いながらバージョンアップを継続しています。 2010年10月現在約2000件以上の施設で使用されています。 top_moji使用上の注意点 1)診療所での使用を原則としていること。
2)PCにある程度詳しい方、あるいはPCのサポート体制が整っていること。
3)データの安全管理、バックアップを充分行なっていただくこと。
4)ご使用医療機関がRS_Baseのメーリングリストに参加していること (必須)。
top_mojiRS_Baseに最適な環境 win2000、win2003、win2008、winXP、Vista、win7
Vista、window7 では、Cドライブ以外へのインストールがベター
Dual Core 以上の CPU / メモリー 2GB以上
HD:使用当初は100GB以上(ファイリング内容による)
 注)Web での閲覧は、マック、iPhone、 Android、 iPad等からも可能
top_mojiRS_Baseの特徴 1)各種画像のファイリングと、ファイリング画像のweb表示
 (注)画像のファイリングは機種により、ワンタッチファイリングが可能
2)血液データのweb表示&グラフ化 (対応検査会社 80社以上)
3)各社心電図のワンタッチファイリング
4)紹介状、診断書の作成 (画像添付可)
5)検診レポートの作成
6)保存データの各種検索機能、月別、年別検査推移表示
7)各種電子カルテとの連携

なにはともあれ、楽しくファイリング楽しく使用、がRS_Baseのもっとうです。 最初のハードルが高い機能もありますが、まずは使える機能から使いましょう。


2010年10月15日 広島市:山下郡司

RS_Base は DICOM等も 閲覧可能ですが、患者さんへの 説明に使用するためのものであり、他の画像を含めて、診断に用いるための画像閲覧ソフトではありません。 従いまして、フィルムレス診断で保険請求を行う場合はメーカー製の診断端末としての薬事取得した機器が必要です。
【注意】 CRなどのデジタル撮影機器で撮影装置として薬事承認されていても画像診断ワークステーションとしての薬事承認番号を取得している必要があります。詳細はメーカーにご確認ください。


各種連携・接続実績について


電子カルテ連携実績表


【注意】
・RS_Baseとの連携に関しては、各社の対応が有料オプション設定のものもあります。 たとえば、メディコムは、10万円で、中国地方管轄外は、ユーザー自身で、連携ソフトをインストールする必要があります。
・当然のことながら機種により非対応の可能性もあります。
・実際の連携をお考えの際は、掲載日時により、対応されている項目が追加になっていたり、間違いがある可能性がありますので連携の確実な情報は、販売各社にお問い合わせいただくか、RS_Base メーリングリストにて質問されれば、当該ソフトを使用されている施設から、返信があろうかと思います。
・連携は、販売会社からではなく、ユーザーによる対応のものも含まれています。


logo


logo
    導入方法関連
    バージョンアップ関連
    待望のマニュアル
    FAQ
    電子カルテ連携関連