RS_Baseは全国2,000施設以上で愛用されている検査データや画像データをファイリング・閲覧するための診療支援システムです。

ダウンロード・マニュアル

ダウンロード・マニュアル

導入に関して

マニュアル(web版)

眼科画面 マニュアル

眼科画面 マニュアル(最新)

FAQ(よくある質問と回答)

Internet Explore(IE)の設定

RS_Base取扱説明書

有償 Dicom Viewer: RSViewer に関して

RSViewer の導入時簡易取説は、下記にあります。

(RSVeiwerは、有償で、使用期間は30日です)

簡易マニュアル

(詳細なマニュアルではなく、あくまで簡易なものです)

RSViewer を使用しない場合は、RS_Baseの基本情報の
(124) DICOM ApolloView on
  RSViewerを使用 no
  と設定してください。

RS_Base用ツール

RS-232C通信RS_Base連携プログラム(RS_CommPro)

【新規インストール】

ダウンロード、解凍後 INSTALL.EXE にてインストールが開始されます。

【既にインストールされており更新の場合】

ダウンロード、解凍後 フォルダ内のファイルを C:\Program Files\RS_CommPro に上書きコピーしてください。

【取扱機器】

【取扱説明書】

となっております。
(ダウンロードファイル内にも含まれます。)

CR、DICOM関連

RS_Reciever取扱説明書

RS_Auto(巡回自動ファイリング)

自動読込みファイル、血液ファイル、心電図、日立エコーなどを自動読込

他院からのDICOM CD検索&ファイリングソフト

ダウンロード、解凍後 RS_Dicom.exeをダブルクリックしてお試しください。

RS_Comm取扱説明書